ゆめぴりかとななつぼしの催芽

いよいよゆめぴりかとななつぼしの催芽(芽出し)の作業です。水300リットルにお酢を7.5リットル入れ、酢のパワーで殺菌してもらいながら32℃まで加温し、発芽させます。催芽は種まき後に稲がみんなすぐ発芽するための技術です。20160415-171853.jpgお酢を投入し、いざ加温、いざ催芽!20時間ほどで発芽します!20160415-171911.jpg催芽終了。元気よく芽が出ました。それを今度は冷水で冷やし、発芽をストップさせます!20160415-171923.jpg次に洗濯機のような仕組みの脱水機にかけます!これで種籾の準備完了です( ^ω^ )20160415-171936.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA