昔は2等米だったことも、今は1等米が当たり前!受け継いだ富良野米

資料整理中に、父が祖父から経営移譲したばかりのお米の資料がでてきました。

 

昭和53年に 祖父から父へ

平成28年に 父から私へ

 

経営は移り変わってきました。

 

資料には、今では聞かなくなった

お米の品種(イシカリ・ほうりゅう・ともゆたか等)、

そして等級は1等がないことがわかります。

 

昔は、米の等級が1等米になれずに2等米になることも多かったと聞きました。

 

今や栽培技術の向上や、優れた機械があり、

ファームかとちゃんでは1等米が当たり前になっています。

 

もちろん今販売している

ゆめぴりか(減農薬栽培ゆめぴりか・無農薬栽培ゆめぴりか)

は検査を受けて1等米と格付けされています。

 

祖父から父へ、父から私へと受け継いできたお米

これからもどうぞよろしくお願い致します(^^)!

20170113-112118.jpg

2 件のコメント

  • ずーと、美味しいお米に逢えなくて
    悲しい食事をしていました。
    購入して良かったです。
    とても美味しい♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
    圧力鍋で炊いているのですが、蓋を開けた瞬間のあの感動‼️
    玄米を炊く直前に6分米にして炊いていますが
    こんなに白いツヤツヤのご飯❗️
    久しぶりに見ました
    また購入します。
    雪がたくさん降って、大変な毎日でしょうが
    美味しいお米の為に頑張ってください。
    よろしくお願いします。

  • お米をこんなにも気に入っていただきありがとうございます。
    今年はさらに美味しい「ゆめぴりか」になるよう、精一杯、稲を育てていきます!
    こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA